NEWS RELEASE

お知らせ
NEWS

鑑定評価書への不動産鑑定士の押印廃止について

お客様各位

 

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

さて、今般デジタル社会の形成を図るための関係法律の整備に関する法律により、不動産の鑑定評価に関する
法律等が改正され、2021年9月1日以降、不動産鑑定士による鑑定評価書への押印義務が廃止されました。
つきましては、弊社におきましては法令の趣旨も踏まえ、2021年10月以降発行する不動産鑑定評価書等の成

果品につきまして、不動産鑑定士による押印を廃止させて頂く方針となりました。

なお、不動産鑑定士の署名は引き続き残り、報告書表題部における不動産鑑定業者としての表示形式は従来通

りとなります。また、電子署名による成果品の形式にも変更はございません。

 

何卒ご理解ご協力くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

 

コロナ過における様々な制約の中におきましても変わらぬお取引を賜り、誠に感謝申し上げます。経済社会の

健全な発展に貢献することを目指して、引き続き的確なサービスを提供していくことに努めてまいります。

 

関連通知、法令等の詳細は下記をご参照願います。