TEAM

大和不動産鑑定の現場から

動産・インフラMOVABLE ASSETS / INFRASTRUCTURE

村尾崇

資産評価室
ASA(米国鑑定士協会)
認定資産評価士(機械・設備)
不動産鑑定士

村尾 崇TAKASHI MURAO

平成25年入社
平成28年不動産鑑定士登録

― 機械設備の評価にあたって留意している点

機械設備評価において、最も大事なことの一つとして挙げられるのが現地調査(目視・ヒアリング)です。
現地調査は、時には数千点にも及ぶ機械設備の維持管理の状態及び劣化状況の確認、使用頻度・運用形態の調査等を目的に行うものですが、その中でも特に現場オペレーターの方へのヒアリングが非常に重要だと考えます。なぜなら、これらの機械設備がこの後何年間使えるか、機械設備の修理・改修状況の経緯、稼働状況、稼働設備の課題等を把握する際に、「機械設備」のプロフェッショナルへのヒアリングは評価する上で参考とするところが大きいためです。
また現地調査においては、稼働中の工場において実施することが多いため、指定外の通路を歩かない・勝手な行動はしない・フォークリフト等の搬送機の動きに注意する等、安全性の確保を最優先で行っています。

― チームの活動状況

機械設備評価で必要な外部情報として、業界動向、最新機器や中古機器の価格動向、各種物価指数等が挙げられますが、これらの情報を収集し、評価へ反映することにより、説明責任を果たせる評価を目指しています。
また、機械設備評価の依頼背景として把握する必要がある税務・会計制度の動向についても情報収集を行っています。
国内における機械設備評価業務は海外に比較すると歴史が浅く、情報・ノウハウの蓄積もこれからの状況ですが、当社と提携している海外の評価会社と合同で機械設備評価を行う等積極的に情報交換を行い、国内外問わず評価方法のノウハウの蓄積をしています。

村尾崇

― 今後の課題

昨今の国際財務報告基準(IFRS)の導入、企業M&A、減損会計等により、機械設備の時価評価ニーズは高まっている一方で、現時点では国内における機械設備評価は、不動産鑑定評価ほど活用されていません。
そこで、機械設備評価をより活用していただくために、まずは機械設備評価を知ってもらうこと、機械設備評価を行うことで得られるメリットについてセミナー・レポート等でお伝えすることが必要と考えます。「機械設備」と一口に言っても、「製鉄所生産設備」から「製薬製造ライン」まで広範な分類がありますが、いずれの機械設備にも対応できるように自己研鑽を行い、さらに専門家・評価人同士の人的ネットワークの構築が必要と考えております。