トップページ > 不動産事業戦略 インタビュー


大和不動産鑑定の現場から

私は、不動産鑑定士でもあり、不動産の価格を算出する専門家でありますが、あくまでもサービス業の一種であると考えます。
従って、お客様に価格等を説明するとき、全てのお客様が不動産市場に精通されているわけでは無く、個々のお客様毎で情報量に差異がありますので、単純に結果のみをお伝えするのではなく、価格等の決定プロセスや、どのような利用方法がお客様お持ちの不動産の価値を最も引き出すのか等につき、分かり易く説明するよう心掛けております。

不動産事業戦略室は、不動産事業の承継に特化した、業界で唯一の組織です。
専任コンサルタントが、主に中小規模の不動産オーナーの不動産事業の承継及び相続に絡むお悩みを、不動産価値把握・有効活用のサポートを通じて解決すべく日々東奔西走しております。
昨今、中小企業においては、事業者の高齢化が進む中、後継者を確保し事業を円滑に承継していく事が大きな課題となっており、今後もその流れは加速していくものと考えられます。
そのような状況の下、中小企業において所有する資産価値の多くを占める「不動産」について、その価値を適切に把握し、有効な対策を講じる事が円滑な承継に繋がるものと考えます。
しかしながら、多くの不動産オーナーは不動産を保有していても専門知識や情報が無いために、所有資産の活用や処分に悩む方々は多く、熟知しているプロとの情報の非対称性が見られます。
上記のような事業承継問題を解決するため、当室は、外部の法務・税務専門家等のネットワークも駆使して、あらゆる角度から不動産と不動産事業を検討し、最適なソリューションを提供いたします。
不動産は一つとして同じものは無いので、お客様ごとに最適なソリューションは異なり、同じ提案になることはありません。従って、お客様の声に耳を傾けながら、お客様の立場に立って、オーダーメイドの最適な解決方法をご提案したいと考えております。これからの不動産鑑定士はただ価格を算出するだけではなく、それぞれが専門分野を持ち、多様化する不動産ニーズに応えられるようにならなければなりません。不動産にかかる事業承継問題を解決することも不動産鑑定士の一つの重要な使命だと考えております。
亀山貴司
平成17年入社 平成17年 不動産鑑定士登録