トップページ > 環境への取り組みについて


環境への取り組みについて

ISO14001の取得について

当社は、以前より「企業行動憲章」に掲げております「環境問題への取り組み」をそれぞれの場面において取り組んでまいりましたが、より積極的に取り組むため、下記の通り「環境方針」を掲げ、実践的に環境保全活動を展開し、持続可能な経済の発展と地球環境との調和に貢献いたします。
なお、活動内容については当社の環境マネジメントシステム(EMS)において組織的かつ計画的に実行し、かつ実効性を高めるべく継続的な改善を行ってまいります。

ISO14001 環境方針

  私たちは、内外の不動産マーケットに精通し、不動産のあり方の確かな指針を示すことにより、経済活動の健全な発展に貢献します。具体的には、顧客に常に公正中立な立場から、内外のあらゆる種類の不動産について、説明責任が全うできる精確な価格並びにサービスを提供します。これらの持続的な提供は、環境問題に配慮して、環境に関連する法律・条例を順守し、日常業務においてIT化の追求による省電力化、紙資源の再生利用、エコなライフスタイル、省エネ製品の選択のほか、次世代につなげる環境不動産を推進することが不可欠です。そのため、持続可能な経済の発展と地球環境の調和に貢献することを目的として、環境マネジメントシステム(以下、EMSという)を構築・運用し、継続的に改善を行うことにより、企業の社会的責任を果たしていきます。

  なお、環境方針を具体的に展開させるために、EMS の目標を設定するための枠組みを以下に示します。

1.
当社の業務実態に見合った EMS を運用するために、マニュアル書を作成し、環境負荷の低減に積極的に取り組みます。
2.
EMS の運用にあたっては、法令及び規制の義務、顧客の要求事項、契約上の環境関連義務を考慮します。
3.
EMS の目標を的確に設定するため、リスクアセスメントを定期的に行い絶えず見直します。
4.
EMS の目標を全社員に周知するため、環境教育を行い、環境保全に対する意識の高揚を図ります。


平成28年11月29日
大和不動産鑑定株式会社
代表取締役  渡邊  茂雄

ISO14001
登録証登録証

1. 「Fun to Share」(気候変動キャンペーン)への参加

FuntoShare2015

「Fun to Share」は最新の知恵を皆で楽しくシェアしながら低炭素社会実現に向けた取組みです。

-大和のFun to Share宣言-

    「環境不動産の推進で、低炭素社会へ。」

当社のFun to Shareキャンペーンの取組み

エコな生活スタイルを選択しよう
・事務所内の温度の冷房は28℃、冬は暖房の温度を20℃に設定する運動を展開します。
・クールビズ・ウォームビズを導入します。
・残業時間の短縮を図ります。またノー残業デーを全社で設定致します。
・必要のない電気をこまめに消すことで、電気の使用量を削減します。
・節水を心がけます。
・自動車の利用頻度を減らす努力をします。
  また自動車利用時にはエコドライブを行い、無用なアイドリングをストップします。
省エネ製品を選択しよう
・従業員一人一人が、省エネ製品を選択するように心がけます。
・自動車の購入などでは、環境対応車の購入を促進します。
CO2削減につながる取組を応援しよう
・用紙・封筒等の購入においては、FSC認証紙、再生紙等を出来るだけ購入します。
・ペーパーレスへの取り組みを致します。

2. 当社は、WWFジャパン(正式名称:公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン)の法人会員です

WWFジャパン

WWFは、約100カ国で活動している地球環境保全団体です。1961年にスイスで設立されました。現在は、森や海などの生物多様性を保全すること、木材や魚介類など、自然資源の利用を持続可能なものにすること、地球温暖化を防ぐことに力を注いでいます。これらの活動はすべて、WWFのサポーターの皆さまによって支えられています。
【WWFジャパンHPより】

WWFジャパンホームページ

3. 積極的にFSC認証製品を使用します

FSC (Forest Stewardship Council、森林管理協議会)は、世界中のすべての森林において、環境保全の点から見て適切な森林管理を推進することを目的として、適切な森林管理がなされているかどうか評価し、認証する国際機関のひとつです。

このような森林から産出された木材・木材製品に独自のロゴマークを付け、認証を受けた森林から来ていることを保証するものです。

森林認証制度は世界に多数存在しますが、FSCはWWFから世界で最も信頼性の高い森林認証制度として推奨されています。

当社は社内で使用するコピー用紙、ならびに社用封筒など様々な紙の利用において、FSCミックス品等の利用を推進してまいります。

FSCジャパンホームページ